空知舎で大腸がんが発覚して手術に至るまで

父が大腸がんになりました。幸い症状は進んではおらず、
手術で悪い所を取り除けば大丈夫だそうです。
しかし、手術するまで大腸がんが発覚してから3カ月近くかかりました。

父が体の異変に気が付いたのは、排便の際に血が付いていた事でした。
持病の痔じゃないかとその時は思いましたが、一応病院に行きました。
病院では検査の設備がないと違う病院の紹介状をもらい、
結果を聞きに行き、最初の病院に戻った後、
手術ができる大きな病院にまわされました。

その後も2週間かけて検査をし、
手術は1カ月~1カ月半先と言われ、
正確な手術の日にちが決まったら
病院からの電話をひたすら待ちます。

病院から手術の日にちの電話がきて、
手術の日まで10日ほどありました。

そんなに急激に病気が進行することはないと言いますが、
素人の私たちは悪化するのではないかと不安でいっぱいです。
病気の父も同じだと思います。
悪いものならなぜすぐ手術しないのかと思ってしまいます。
空知舎のみそ汁