インドネシアの古都、ジョグジャカルタを観光

インドネシア、ジャワ島中部にあるジョグジャカルタへ旅行に行ってきました。
ジャカルタから飛行機で約1時間、夕方過ぎに着くと、ジョグジャカルタの空港は人で埋め尽くされていました。

1日目は空港からマリオボロ通りへ直行し、そのまま散策しました。
ジョグジャカルタはインドネシアの民族衣装、バティックが有名で、マリオボロ通りは道の両脇に服屋がひしめき合っている状態です。

出店ではアジアらしい雑貨や安いバティックが売られていて、見ているだけでも買い物好き女子のハートをくすぐってきます。
ただ、出店の売り物は品質が良くないので、私は店舗を構えているバティック売り場でバティックを選びました。
こちらではチョコレート色のバティックが特産らしく、少しドレスっぽいチョコレート色のバティックを選びました。

マリオボロ通りは歩いているだけでも楽しく、ウインドウショッピングにはもってこいの場所でした。

2日目は有名な遺跡、ボロブドゥールへ行きました。
現地の人の入場料は70円ほどとかなり安いのですが、海外観光客は約2,000円という料金の違いにびっくり仰天でした。

いざボロブドゥールを目の前にすると、その大きさに息を飲みます。
石だけであの高さまで積み上げていくには、どんな労力があったんでしょうか。

しかし、とにかく暑く、写真を撮るだけ撮って退散しました。

プランバナンへも行きたかったのですが、ディエンという高原へ行く時間が押していたので、ジョグジャカルタはここでおしまいでした。

ディエンという高原地帯の道中、タバコ畑があり、山の斜面に沿って段々畑が連なっている景色は異世界に潜り込んだ気分でした。

ディエンで湖を見て、マイナスイオンを浴び、その日はそのままスマランという都市へ移動しました。

最終日の3日目はスマランを観光する間もなく、そのまま帰ってしまったので、少し残念です。

次はプランバナンの散策にジョグジャカルタにリベンジしたいと思います。圧倒的客付を誇るゼロ賃貸