まだ解決されてないようですねえ

子どもをしつけといって置き去りにして、いなくなった事件。まだ解決されていないみたいですねえ。てか、なぜしつけといって、子どもを置き去りにする意味が分かりません。例えば、歩いていたとします。子どもがだだをこねて歩かなくなったとします。はやくいきたいけど言うこときかないから。これで置き去りにしてしまうケースはまあ、見たことありますよ。歩いてといってるにも関わらず子どもが歩いてくれなかったから仕方なく子どもに歩かせようと置いていった。これならちょっと納得します。というのも、この場合歩きですからね。子どもは単純に歩きたくなかっただけでしょうから。もしくは、不満があった。だから、置いていこうとした。ただ、ここで勘違いしてほしくないのは、置いていくの距離の問題よね。歩くといっても、せいぜい100メートルくらい。普通子どもが見える位置。そこまでが置き去りポイントだと思います。そいじゃなくても、まあ子どもから目を離さない距離。これがほんと大事だとおもったです。
春日部 ラブホ